入居期間が長い

これまでのワンルームマンションや都市型マンションへの投資は都市へ流入してくる人達への供給を狙ってのものでした。借り手の多い都市部では、退去後の空室期間を軽減できるだけの需要があるので、所有物件を適切に管理し、賃貸の仲介を請け負ってくれる、不動産業者への適切なアプローチをすることで、それらの需要を取り込み高回転で物件を回すことが可能です。

しかし、借り手需要とともに、貸し手需要も多く、また単身の利用者なども多いため、入居期間への不安がつきものでした。また、多くの借り手に貸す場合、退去の状態によっては修繕や美装が必要になり、これらのコストも大きな負担になります。戸建賃貸の場合、単身者よりも家族で暮らすための大きさや環境に適していることから、家族に好まれます。その結果、子供の学校などの理由により、入居者のある程度の期間の利用が想定されることから、早期に退去してしまう空室リスクとともに、退去毎にかかる修繕コストを回避できる可能性があります。

このように、戸建賃貸に求められるニーズが職住接近を求めたものや、利便性を追求した結果でなく、安定した生活基盤を求める層が戸建を購入したときと同様の快適性を求めた結果作られるものであることから、入居期間の長さを長期に想定できることが戸建賃貸投資のメリットの1つです。