入居期間が長い

これまでのワンルームマンションや都市型マンションへの投資は都市へ流入してくる人達への供給を狙ってのものでした。借り手の多い都市部では、退去後の空室期間を軽減できるだけの需要があるので、所有物件を適切に管理し、賃貸の仲介を請け負ってくれる、不動産業者への適切なアプローチをすることで、それらの需要を取り込み高回転で物件を回すことが可能です。

しかし、借り手需要とともに、貸し手需要も多く、また単身の利用者なども多いため、入居期間への不安がつきものでした。また、多くの借り手に貸す場合、退去の状態によっては修繕や美装が必要になり、これらのコストも大きな負担になります。戸建賃貸の場合、単身者よりも家族で暮らすための大きさや環境に適していることから、家族に好まれます。その結果、子供の学校などの理由により、入居者のある程度の期間の利用が想定されることから、早期に退去してしまう空室リスクとともに、退去毎にかかる修繕コストを回避できる可能性があります。

このように、戸建賃貸に求められるニーズが職住接近を求めたものや、利便性を追求した結果でなく、安定した生活基盤を求める層が戸建を購入したときと同様の快適性を求めた結果作られるものであることから、入居期間の長さを長期に想定できることが戸建賃貸投資のメリットの1つです。

戸建賃貸不動産投資のメリット

日銀の量的緩和やゼロ金利政策によって、金融機関の持つ資金の運用方法が多様化している昨今、これまで以上に注目を集めているのが不動産投資です。そんな中、新たに注目されている不動産投資が戸建賃貸への不動産投資です。

今まで比較的ポピュラーな不動産投資として活用されていたのは、比較的低資金で参入ができるワンルームマンション投資や、大きく借り入れを起こすことで可能になる一棟売りマンションへの投資などでしたが様々なニーズと市場環境の変化により、この戸建賃貸への注目が高まっています。

戸建賃貸のメリットとして借り手のニーズと貸し手のメリットが常に一定以上ある点が上げられます。これまで注目されていた不動産投資としてのワンルームマンション投資や一棟マンション投資は、オリンピックでの地価高騰を狙ったものと、増え続ける都市人口の需要を期待して行われてきました。

これらの需要に応える形で投資された住宅は激しい競争の中、今後も行われていくはずですが、それとともに、駅から少し離れた閑静な住宅街や比較的ゆったりとした場所での生活を望む生活スタイルを望む需要も一定数存在します。

都市型の生活はどちらかというと、職住接近を好むDINKSや、歩いて生活用品を手に入れられる手軽さを享受したい高齢者に人気の生活スタイルですが、のびのびとした子育て環境を望む親世代が腰を据えて住むのには適してない場合があります。

また、子育て中の親世代には生活費に加え、教育費や自信の老後の資金計画などの金銭需要が高いこともあり、住宅ローンを嫌う人達も相当数存在します。こういった需要に応えることができるのが戸建賃貸投資です。戸建賃貸は、ゆとりのある生活がしたいが、住宅ローンに追われたくないといった借り手のニーズを満たし、ワンルームマンションなどと比較して、安定した入居期間を見込めるなどの貸し手へのメリットもある不動産投資の1つです。